アメリカで取材した、リアルなビジネス英語表現満載!
写真とセットで見るから、ビジネス語彙が記憶に定着

image_s_office01.jpg  image_s_neg01.jpg  image_s_trip01.jpg
「写真で覚えるビジネス英語 CD付き」シリーズ
CD付 写真で覚えるビジネス英語[オフィス編]
  CD付 写真で覚えるビジネス英語[商談・交渉編]
CD付 写真で覚えるビジネス英語[海外出張編]

→本の詳細を見る



ご訪問ありがとうございます。
英語学習メールマガジン【アメリカ発 ビジネス現場の英語】のアーカイブとして開設したブログです。
現在メルマガは休刊中でブログのみ更新を行っています。


アメリカの仕事現場で頻出するビジネス英語を、現地情報と一緒にお届けします。
Eメール、電話、会議、対話など、実践ですぐにアウトプットできる表現を満載。
やり取りのコツや英語的な発想も含めたコミュニケーションスキルの向上を目指します。
在米20年、「写真で覚えるビジネス英語」シリーズの著者が管理しています。

2016年8月現在、このブログを別のURLに移行中です(http://www.bizeigo.net)。当ブログの記事には新ブログへのリンクが含まれます。


2010年02月26日

従業員バッジ

★ Workplace Note

日本でも最近、バッジを首から提げて働く人が増えましたね。
アメリカの企業では、かなり以前から従業員証(employee ID)の装着が
義務づけられています。

IDというのはidentification(身分証明書)の省略形で、
最も一般的なのはdriver's license(運転免許証)です。
アメリカの運転免許証を持たない外国人は、パスポートがIDになります。

至るところでCan I see your ID?(身分証明書を見せてくれますか?)と
聞かれるので、パスポートは常に持ち歩かなければなりません。


お役に立ちましたら↓クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ ビジネス英語へ 人気ブログランキングへ 






このブログのコンテンツは、以下のメールマガジンを抜粋、転載しています。
すべてのコンテンツをご覧になりたければ、メールマガジンにご登録下さい。
購読は無料です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ☆ アメリカ発 ビジネス現場の英語 ☆
▽発行人 さとうみゆき (info@imtc-usa.com)
▽発行媒体 まぐまぐ ID: 0001029902
▽配信の登録、変更、解除 http://www.mag2.com/m/0001029902.html
▽許可のない二次使用、転載を禁じます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by 写真で覚えるビジネス英語 at 05:47| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカの現地事情 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月25日

英文Eメールの書き方5 本文(2)

英文Eメールの書き方、3)main(本文)の2回目です。

本文はできるだけ簡潔に3段落くらいにまとめたいものです。
もちろん、内容によっては複雑で長くなることもありますので、
話を整理する上でtransitional words(移行語句)が大切になってきます。

最初の段落をFirst of all(まず最初に)のように始め、
次の段落をSecond(二番目に)、その次をThird(三番目に)、
最後の段落をLastly(最後に)のようにまとめると、
話を上手く組み立てることができます。

続きは ⇒こちら
(ブログを移行中です。ご了承下さい)
posted by 写真で覚えるビジネス英語 at 09:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 英文Eメールの書き方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月24日

今日の表現「私もそう思う」


★ こんなことを英語で表現したい!

→ 今日の表現:私もそう思う

会話や打ち合わせなどで相手の意見に同意して「私もそう思います」と
よく言いますよね。英語でどう表現しますか?

 I think so too.

これでも間違ってはいませんが、
自分の意見を述べるにはちょっと弱い感じがします。
相手への同意を示す時は以下のような表現が適切です。

 I agree with you.
 (私もそう思います)

「同意する、賛成する」のagreeが、日本人にはなかなか出てこないんです。
思う=thinkと考えてしまうからなんですね。

 I agree with you that we should do the marketing research first.
 (最初に市場調査をやるという意見に賛成です)

agree with〜that〜(文)で「〜という〜に同意する」になります。
withの後にはyou、her、everyoneといった人や、
your idea(あなたの案)やthe policy(方針)という無形名詞が来て、
that以下のセンテンスが同意している内容となります。

ほかにも、口語で以下のような表現があります。
会議でよく使われるフレーズですね。

 I'm with you.
 (私も同感です)

 Who's with me?
 (私に賛成の人は誰?)

 We are on the same page.
 (私たちの意見は同じです)

お役に立ちましたら↓クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ ビジネス英語へ 人気ブログランキングへ 



このブログのコンテンツは、以下のメールマガジンを抜粋、転載しています。
すべてのコンテンツをご覧になりたければ、メールマガジンにご登録下さい。
購読は無料です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ☆ アメリカ発 ビジネス現場の英語 ☆
▽発行人 さとうみゆき (info@imtc-usa.com)
▽発行媒体 まぐまぐ ID: 0001029902
▽配信の登録、変更、解除 http://www.mag2.com/m/0001029902.html
▽許可のない二次使用、転載を禁じます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by 写真で覚えるビジネス英語 at 09:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネスで使いたい英語表現 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。